ディープリンク関連の海外の動きを時系列を追って整理してみる

deeplink_timeline
Pocket

ディープリンクとは | ディープリンク.jpの記事内にて、ディープリンクが最近になって注目を集めている事を書きましたが、実際にどういった流れを経て注目を集めるまでに至ったのか、ディープリンク周りの動きを時系列順に整理してまとめることで確認してみたいと思います。

2012年 Google+が対応を開始、ディープリンクの口火を切る

11月

2012年11月、Google+がディープリンク対応を開始します。Google+ mobile SDKをアプリに入れることで、Google+上で共有されたコンテンツをそのアプリで開けるようにするもの。今考えると、Googleはモバイルディープリンクへの対応を早い時期に始めていました。

2013年 Twitter Cardsにより広まる認知と台頭するディープリンクプレーヤー

4月

Twitter Cardsにディープリンク機能が追加され、ツイートからアプリを起動させることができるようになりました。

5月

これまではプラットフォームの機能拡張としてのディープリンクが主でしたが、CellogicはここでDeeplink.meというディープリンクサービスをβ版でリリースします。

8月

さらに新たなプレーヤーが登場します。モバイルアプリ検索を手がけるQuixeyがディープリンクの標準規格AppURLを提唱します。

また、Deeplink.meは既に1度アプリをインストールしているユーザー向けのリターゲティング広告をローンチしました。

10月

Deeplink.meと同じく”ディープリンクプレーヤー”と言えるURXが登場。URXは、この時点でY CombinatorやGoogle Venturesなどの名立たるVCから資金調達を行っていました。

GoogleがApp Indexingを発表します。この発表段階では、ごく一部のアプリ事業者が対応しているのみで、日本での対応もまだ先であるとされていました。

2014年 さらに加速するディープリンク動向

1月

β版ではありますが、Criteoがディープリンク対応のディスプレイ広告をリリース。

2月

Criteo、TapCommerce、ActionXの3社が中心となってディープリンクの規格であるMobileDeepLinking.orgを立ち上げます。

4月

URXがOmnilinksをローンチ、1,200万ドルを調達します。

Facebookがf8でApp Linksを発表。

Google AdWordsにディープリンク機能が追加。AdWordsからアプリを開くことができるように。

6月

日本でもApp Indexingを利用できるように。クックパッドやホットペッパー、pixivなどの一部のアプリがこの段階で既に対応済みとなっていました。

7月

TwitterがMobileDeepLinking.orgの主要企業のうちの1つであったTapCommerceを買収しました。

Twitterは同日、MoPubのモバイルインストール広告の世界での提供開始も発表しており、この広告でアプリをインストール済みの場合に[インストール]ボタンが[開く]ボタンになるのもTapCommerceの技術を採用しているようだ。
Twitter、モバイルリターゲティング広告のTapCommerceを買収 – ITmedia エンタープライズ

4月に発表を行なっていたApp Linksについて、Facebookが提供を開始。App Linksによって、Facebook広告からアプリの特定ページを立ち上げることができるようになりました。さらに、Facebookアプリと対応済みアプリとの間での連携も可能となっています。

2014年以降の動きに関して

2012年から現在(2014年8月)までの、海外でのディープリンク周りの動きをまとめてみました。

既にGoogleやTwitter、Facebookなどの大手プラットフォームが対応を始めており、さらに動きが拡がっていくのは間違いないでしょう。日本国内ではBypassが対応を開始していますし、今後は広告分野も含めて動きが加速していくものと思われます。

また、iOSとAndroidの両OSが今後ディープリンクにどういった絡み方をしていくのかが、今後の重要なポイントになる可能性も考えられます。deeplink.jpでは、そういった動きも含めて情報を収集・発信して参ります。

Pocket

Recruit

株式会社フクロウラボで一緒に働きませんか?

現在、弊社では日本初のディープリンク技術でアプリUXを劇的に変えるエンジニアを大募集しています。
アプリが好きな方や新しい技術に触れ、世界と勝負してみたい!アドテク、Webマーケティングに興味があるという方なら大歓迎です!

皆様からのご応募をお待ちしております。

株式会社フクロウラボに今すぐにエントリー!!